鉄が"変身"するぞ
【実験してみよう】2.赤い鉄の正体は、錆(さび)

鉄が錆(さ)びるって? ほら、赤い色をした釘(くぎ)とかクリップとか見たことない?
あれが、錆(さび)だよ。

この実験では、わざと鉄を錆びさせて、その錆び方を見てみよう。

※この実験では、特に危険はありませんが、観察後の釘をなめたり、素手(すで)で触(さわ)るなどしないように十分注意してください。

※この実験による事故(じこ)、怪我(けが)などについては、当団体(とうだんたい)は一切の責任(せきにん)を負いません。
事故のないよう、十分に注意して、自己(じこ)責任で実験をおこなってください。

【用意するもの】
クリップや釘3本
紙やすり
水を入れるコップ3つ

※実験映像(えいぞう)では、クリップと釘を使っていますが、クリップや釘以外の鉄製品でもできます。

クリップや釘の表面を紙やすりでこすり、まわりについている錆(さび)止めを取るよ。

※クリップや釘(くぎ)は、錆びにくくなるよう、錆止め剤(ざい)が塗(ぬ)られています。

クリップと釘1つは、何も入っていないコップに、1つは水だけを入れたコップに、1つは塩水を入れたコップに入れ、錆びていくようすを観察しよう。

1日で錆びたところがあるね。
このあとどうなるんだろう・・・
続きを見てみよう

2日目~6日目までの様子を見てみよう。
最初の1日で錆が出たものがあるけど、その後はゆっくり錆びていくみたいだ。

Aのそのまま置いてあるものは、まだ錆びていない。。。

このあとどうなるんだろう・・・
最後のまとめも続いて見てみよう。

7日間実験観察してわかったことは・・・

A:そのまま置いたものは錆びなかった
B:塩水に浸’つ)かったものは一番錆びた
C:水に沈(しず)めたものは、最初錆びたけどあとはあまり変わらなかった

ということは、鉄が錆びるときには、なにか必要(ひつよう)なものがあるのか、その鉄が置かれている状況(じょうきょう)が関係しているらしいってことだね。

さあ、それを解説(かいせつ)するよ。
次の解説に進もう!

※季節や天候、部屋の状態によって実験結果が異なることがあります。