日本のものづくりをささえる町工場をたずねよう
3.町工場は専門(せんもん)職(しょく)
   世界に誇(ほこ)れる技術(ぎじゅつ)がある

町工場は、ある特定の分野のエキスパート。

たとえば、車を作るにも、シートの革(かわ)を加工する作業と、エンジンに使う部品を作るのは、まったく違(ちが)う分野の仕事だよね。

それぞれの分野で、特化した技術(ぎじゅつ)を持っているのが町工場で、日本の技術は世界でもトップクラスと言われているよ。

それは、日本人の気質(きしつ)にも関係しているとも言われているよ。

日本人は細かい事をきちんと行い、コツコツと努力することを良しとしてきた風潮(ふうちょう)が、このような技術を育てたとも言われている。

日本の町工場の繊細(せんさい)な技術は、世界トップクラス。

特に精密(せいみつ)機器の分野は、日本各地に有名な会社がたくさんあるし、また精密機械産業が集まっている地域(ちいき)というのもあるんだ。
(Photo:Giancafava)

繊細な技術の一つに縫製(ほうせい)作業があるよ。

細かくてしかも正確に仕上げていかなければならない。
日本人は手先が器用(きよう)と言われるのは、こういった技術を持っているからかもね。

縫製の技術(ぎじゅつ)もすばらしいけれど、その作業に使うミシンなどの機械を作る技術もすばらしいんだよ。