日本のものづくりをささえる町工場をたずねよう
【見学・体験に出かけよう】町工場に行くよ

前のページでいろいろな準備が大切なことがわかったよね。

でも、実際にどんな感じで見学・体験が行われるのだろうか・・・?

そこで、2人の少年がみんなの代表で、町工場見学・体験のようすを見に行って、現場レポートしてくれるよ。

みんなも大事なことをチェックしてね。

ここでのチェックポイント、わかったかな?

・まずは元気よく挨拶(あいさつ)をしよう。
・勝手に入って行ったり、動き回ったり、モノに触(さわ)ったりしない。

工場内は危険(きけん)なところにあるみたいだ。
足元にも十分に注意して見学・体験しよう。

見学・体験、ワクワクするね。早く行きたいだろうけど、もっとおさえておいてほしいポイントがあるんだ。

次の動画を見てね!

ここでのチェックポイント、わかったかな?

・工場の中では、しっかり見て、しっかり説明を聞こう。
・質問(しつもん)は説明が終わった後や最後にしよう。
・用意した質問と違(ちが)う質問をしてもいい。

事前に質問を考えておくことが大事なことなんだね。
その上で、このポイントが生きてくる。

さあ、次のポイントも見てみよう!

ここでのチェックポイント、わかったかな?

・写真撮影(さつえい)は、必(かなら)ず許可(きょか)をとろう。
・「わからない」「知らない」「できない」ことを「わかった」「知ってる」「できる」と言わない。

見学・体験は、工場に遊びに行くのとは違(ちが)うんだよね。
遊びに行くつもりで行ったら、工場の人たちに迷惑(めいわく)がかかってしまうし、時には危険(きけん)なこともある。
だから、きちんと目的をもって、きちんとした態度(たいど)で、安全に、教科書だけでは学べない生の勉強をしよう。

では、質問(しつもん)はどんなふうにしたらよいのかを実際に工場で働いている人に聞いてみた映像(えいぞう)を見ながら、勉強してみよう。
答えてくれた話の内容(ないよう)も、とても興味(きょうみ)深い、大切なことだよ。