鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

茨城県最大の「鹿島(かしま)臨海(りんかい)工業地帯」のまち

茨城県鹿嶋(かしま)市、神栖(かみす)市

「鹿島(かしま)臨海(りんかい)工業地帯」は、茨城県(いばらきけん)鹿嶋市(かしまし)と神栖市(かみすし)にまたがる工業地帯です。

広大な工業地帯は高松地区・東部地区・西部地区・波崎地区・南海浜(かいひん)地区の5つのエリアに分かれており、世界最大級の掘込(ほりこみ)式人工港「鹿島港」を中心に、茨城県最大の工業地帯になっています。

石油化学コンビナート、火力発電所、風力発電所、鉄鋼(てっこう)などが中心になっており、工場夜景スポットとしても人気な場所です。

見学が可能(かのう)な工場も多数あります。

鹿島臨海(りんかい)工業地帯の夜景です。
夜でも煙突(えんとつ)からは煙(けむり)が上がり続いています。

 

【参考にしよう】

神栖市観光協会(かみすしかんこうきょうかい)
http://www.kamisu-kanko.jp/koujou/