鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

「輝(かがや)け! 大田のまち工場」ものづくりのまち

東京都大田区

大田区には約3500の工場があり、「ものづくりのまち」として知られています。

一つの製品(せいひん)を1工場で完成まで作るのではなく、金属(きんぞく)を「削(けず)る」「磨(みが)く」「形成する」「メッキする」といった、ひとつひとつの加工行程を専門(せんもん)に請(う)け負っている工場がほとんどで、これらの工場が連携(れんけい)しあい製品をつくりだしているため、工場同士のつながりが強い地域です。

こうした工場が集まった大田区は、世界でも特異(とくい)な「ものづくりの達人が集まったまち」です。

「大田区に空から図面を投げ込(こ)むと、どんなものでも翌日(よくじつ)には見事な製品になって出てくる」といわれるほどです。

さまざまな部品が工場の連携(れんけい)で作られています。

 

【参考にしよう】

一般社団法人 大田観光協会(いっぱんしゃだんほうじん おおたかんこうきょうかい)
https://www.o-2.jp/

大田区(おおたく)
http://www.city.ota.tokyo.jp/sangyo/kogyo/ota_monodukuri/kagayake/