鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

伝統(でんとう)工芸「越後与板打刃物(えちごよいたうちはもの)」のまち

新潟県長岡市

越後与板打刃物(えちごよいたうちはもの)は、新潟県長岡市与板地域(ちいき)で作られている刃物です。

鍛造(たんぞう)技法(ぎほう)は「火造(づく)り」で、真っ赤に焼いた金属(きんぞく)を叩(たた)いて形を作っていきます。

越後与板打刃物の特徴(とくちょう)は、洗練(せんれん)された鋭(するど)い切れ味と使いやすさです。

伝統(でんとう)工芸品に指定されているのは、鉋(かんな)・鑿(のみ)・鉞(まさかり)・釿(ちょうな)の4品で、これらの道具は、城下町作りが盛(さか)んだった江戸(えど)時代中期頃(ごろ)から多くの宮大工を支(ささ)えてきました。

年月を経(へ)ても越後与板打刃物は品質(ひんしつ)の高さが追求され続け、確(たし)かな切れ味を持つ打刃物として職人(しょくにん)たちに愛用されています。

近年では家庭用品やアウトドア用品などにも用いられ、日用品としての実用性(せい)にも定評(ていひょう)があります。

与板地域では、この技術(ぎじゅつ)を紹介(しょうかい)するため、月2回の鍛冶(かじ)体験も行っています。

木工で使われる「かんな」や「のみ」。
木造(もくぞう)建築(けんちく)主流の日本の大工仕事には欠かせない道具です。

 

【参考にしよう】

越後与板打刃物匠会(えちごよいたうちはものたくみかい)
http://yoitahamono.com/

新潟県(にいがたけん)
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/shogyoshinko/1293144349284.html

匠の手制作プロジェクト(たくみのてせいさくぷろじぇくと)
http://takumi.niigata.jp/MOVIES/index.html

KOGEI JAPAN
https://kogeijapan.com/locale/ja_JP/list/?category=7

経済産業省 伝統的工芸品(けいざいさんぎょうしょう でんとうてきこうげいひん)
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/nichiyo-densan/index.html