鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

自動車産業とともに発展するまち

愛知県豊田(とよた)市

愛知県豊田(とよた)市は、言わずと知れたトヨタ自動車の町です。

もともと豊田市は、挙母(ころも)町という町で、農業や紡績(ぼうせき)で栄えた町でした。

1954(昭和29)年に「工場誘致(ゆうち)奨励(しょうれい)条例(じょうれい)」を公布(こうふ)し、もともと挙母に工場を持っていたトヨタ自動車工業を含(ふく)め、自動車関連の企業(きぎょう)が60数社に増(ふ)え、1959(昭和34)年1月、自動車産業とともに発展(はってん)することを誓(ちか)って市名を「豊田市」に変更(へんこう)しました。

つまり、自動車産業あってこそ出来た「豊田市」なのです。

市内には1200ほどの工場があり、働いている人は9万人以上です。

そのうち、工場の数では半分以上が、働いている人は実に75%が自動車関連です。

トヨタ自動車以外の工場も、70%以上が従業員(じゅうぎょういん)数30人未満(みまん)の町工場です。

身近に鉄に関わる工場がきっとある! そんな町が豊田市です。

トヨタの自動車と共に発展(はってん)してきました。

 

【参考にしよう】

豊田市(とよたし)
https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/004/760/01.pdf

トヨタ自動車株式会社
https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/?_ga=2.67698392.875866797.1612071731-2098900914.1612071731