鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

鉄砲(てっぽう)製造(せいぞう)からはじまった「くわなの鋳物(いもの)」のまち

三重県桑名(くわな)市

桑名(くわな)の鋳物(いもの)は、江戸(えど)時代、本多忠勝(ほんだただかつ)が桑名藩主(はんしゅ)となり、鉄砲(てっぽう)の製造(せいぞう)を始めたのが起源(きげん)といわれています。

この他に、灯ろう、梵鐘(ぼんしょう)、農具や鍋(なべ)などが作られました。

1903年(明治36年)に製麺(せいめん)機や水道器具などの機械鋳物が桑名市で最初に鋳造(ちゅうぞう)され、次第にミシン鋳物など各種の機械鋳物が造(つく)られるようになり、明治、大正期を通じて、「東の川口、西の桑名」と呼(よ)ばれる我(わ)が国二大鋳物産地が確立(かくりつ)されました。

その後、桑名の鋳物は1940年(昭和15年)ごろまではストーブ、鍋類、氷削(ひょうさく)機、ミシン、ガス器具などの日用品が多く製造されていましたが、終戦後は高度成長の波に乗って近代化が進み、工業製品(せいひん)や建設(けんせつ)材料を主力として発展(はってん)しました。

近年では、さらにその技術(ぎじゅつ)の向上のため、鋳物生産技術競技(きょうぎ)会を開催(かいさい)したり、産学協働での新商品の開発にも努めています。

九華公園(きゅうかこうえん)にある本多忠勝像も鋳物です。

 

【参考にしよう】

桑名市 (くわなし)
http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/

三重県鋳物工業協同組合(みえけんいものこうぎょうきょうどうくみあい)
http://www.kuwana.ne.jp/m-imono/