鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

歴史(れきし)ある造船(ぞうせん)のまち

京都府舞鶴(まいづる)市

京都府舞鶴(まいづる)市は日本海側に位置する港のある町です。

古くは北前船の寄港(きこう)地でもあり、日本有数の商業港でした。

日本海軍が1889年(明治22年)に軍港として整備(せいび)を決定、1901年(明治34年)に設置(せっち)しました。

最初は、海軍の船の整備を行っていましたが、1903年(明治36年)に舞鶴海軍工廠(こうしょう=軍需(ぐんじゅ)品を製造(せいぞう)する工場)を設置し、駆逐艦(くちくかん)を建造(けんぞう)するようになりました。

戦後、その工場は民営化(みんえいか)され、飯野重工業、舞鶴重工業、日立造船(ぞうせん)、ユニバーサル造船と変遷(へんせん)し、現在(げんざい)のジャパンマリンユナイテッド株式会社の舞鶴事業所に続いています。

日本海側では、国内最大の造船所です。

こういった時代背景(はいけい)から、舞鶴には造船所や海上自衛隊(じえいたい)関連施設(しせつ)が数多くありました。

舞鶴市内には古くからジャパンマリンユナイテッドの造船に関わる中小企業(きぎょう)などもが数多くありました。

しかし、2021年に新船の造船は終了(しゅうりょう)され、海上自衛隊の艦艇(かんてい)の点検(てんけん)や補修(ほしゅう)のみとなることが発表されました。

関わってきた企業の今後も、町の産業も大きく変わっていくことになると思われます。

古くからさまざまな船が行き交った舞鶴(まいづる)港

 

【参考にしよう】

海上自衛隊舞鶴地方隊
https://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/

京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/153546

舞鶴市
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/