鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

鐵(てつ)のまち 九条(くじょう)

大阪府大阪市

大阪市の西側に位置する西区九条(くじょう)は古くから鉄の町と言われる金属(きんぞく)加工の産業集積地です。

江戸(えど)時代の終わり頃(ころ)、木津川(きづがわ)の流域(りゅういき)で船大工が造船(ぞうせん)を始めたことが起源(きげん)といわれ、川に囲まれた水陸(すいりく)交通の要所であることから材料や製品(せいひん)の運搬(うんぱん)に便利であり、戦後、鋼材(こうざい)屋やボルト屋が軒(のき)を並(なら)べて発展(はってん)してきました。

しかし、近隣(きんりん)の町工場の数はここ40年で4分の1に激減(げきげん)し、いまも厳(きび)しい状況(じょうきょう)が続きます。

そこで、歴史(れきし)ある「鐵(てつ)のまち 九条」を盛(も)り上げるため、町工場の後継者(こうけいしゃ)が立ち上がり、復活(ふっかつ)再生(さいせい)を進めています。

工場見学も進んで行こなっています。

手作業で行う製品(せいひん)作りが多い町工場。

 

【参考にしよう】

てづくり工場組合
https://steelfactoryguild.wixsite.com/tezukuri