鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

伝統(でんとう)工芸「堺打刃物(さかいうちはもの)」のまち

大阪府堺(さかい)市、大阪市

堺打刃物(さかいうちはもの)は、大阪府堺市や大阪市を中心とした地域(ちいき)で作られている刃物です。

丈夫(じょうぶ)さと切れ味を両立するために、地金(軟(やわ)らかい鉄)と刃金(鋼:はがね)の2種類の材料を合わせて作られます。

堺に鍛鉄(たんてつ)技術(ぎじゅつ)が伝わったのは、5世紀(せいき)の古墳(こふん)造営(ぞうえい)の時期とされ、平安時代末期からは刀製造(せいぞう)として引き継(つ)がれたようです。

室町時代の頃(ころ)には煙草(たばこ)を刻(きざ)む煙草包丁が盛(さか)んに生産され、その後、鉄砲(てっぽう)の産地として鉄工の技術力の高さが注目されました。

堺打刃物の特徴(とくちょう)は、二つの鉄を打ちながら包丁などの形に仕上げる「鍛冶(かじ)」、抜群(ばつぐん)の切れ味を作り出す「研ぎ(とぎ)」、人の手が触(さわ)った時のなじみを左右する「柄付け(えつけ)」という3つに大きく分けることができます。

堺打刃物では高い品質(ひんしつ)を保(たも)つために、この3つの工程をそれぞれ専門(せんもん)の職人(しょくにん)が分業して作ります。

柳刃(やなぎば)包丁、出刃(でば)包丁、三徳包丁、ペティナイフなど、
今はざまざまな包丁がメインに作られています。

 

【参考にしよう】

堺刃物商工業協同組合連合会(さかいはものしょうこうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい)
https://www.sakaihamono.or.jp/

堺打刃物伝統工芸士会(さかいうちはものでんとうこうげいしかい)
http://uchihamono.jp/index.html

KOGEI JAPAN
https://kogeijapan.com/locale/ja_JP/list/?category=7

経済産業省 伝統的工芸品(けいざいさんぎょうしょう でんとうてきこうげいひん)
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/nichiyo-densan/index.html