鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

世界遺産(いさん)製鉄所(せいてつじょ)のまち、北九州

福岡県北九州市

鉄のまち、北九州。

1897年(明治30年)官営(かんえい)製鐵所(せいてつじょ)(当時は製鐵(=製鉄)の字が使われていました)として北九州に製鉄(せいてつ)所が着工され、1901年(明治34年)東田第一高炉(こうろ)に火入れがなされました。

戦時下の鉄の需要(じゅよう)、戦後の需要拡大(かくだい)で、製鉄所も拡張(かくちょう)され、一時期は国内の大半の需要をこの製鐵所が賄(まかな)うようになりました。

戦後には、官民合同により設立(せつりつ)された日本製鐵に移行(いこう)、八幡(やはた)製鉄所の名前になり、その後、合併(がっぺい)・統合(とうごう)を繰(く)り返し、現在(げんざい)は日本製鉄九州製鉄所(八幡地区)となっています。

北九州市を発展(はってん)させた八幡製鉄所は、産業を支(ささ)える鉄を作り続けてきました。

そして、2015年、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(めいじにほんのさんぎょうかくめいいさん せいてつ・せいこう、ぞうせん、せきたんさんぎょう)」として世界遺産(いさん)に登録(とうろく)された施設(しせつ)の1つとなっています。

現在も北九州市は、鉄や化学・窯業(ようぎょう)・電機などを中心とした様々な素材型(そざいがた)産業工業の町です。

新日本製鐵(せいてつ=製鉄)時代(1970年代)頃(ころ)の北九州市戸畑区
出典:国土地理院ウェブサイト

 

【参考にしよう】

北九州市
https://kitaq-whs.jp/

北九州産業観光センター(きたきゅうしゅうさんぎょうかんこうせんたー)
http://sangyokanko.com/manufacture/nssmc_yahata/

西日本新聞(にしにほんしんぶん)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/591839/