鉄の未来、町工場の未来
日本の鉄~全国の"鉄の町"を知ろう

伝統工芸「肥後象眼(ひごぞうがん)」のまち

熊本県熊本市

肥後(ひご)象眼(ぞうがん)は熊本県熊本市で作られています。

象眼というのは、地金に金銀をはめ込(こ)み様々な模様(もよう)を表現(ひょうげん)する工芸品です。

かつては銃身(じゅうしん)や刀鐔(かたなつば)などに施(ほどこ)される装飾(そうしょく)として発展(はってん)してきました。

肥後象眼も約400年前の江戸(えど)時代初期に始まっており、武家(ぶけ)文化を反映(はんえい)した重厚感(じゅうこうかん)と上品な美しさが特徴(とくちょう)です。

藩主(はんしゅ)の細川忠利(ただとし)や細川忠興(ただおき)が時の名匠(めいしょう)を召(め)し抱(かか)えて刀剣(とうけん)金具の製作(せいさく)にあたらせ、技量(ぎりょう)の奨励(しょうれい)をはかったため、この地で発展してきました。

肥後象眼には「布目象眼(ぬのめぞうがん)」「彫り込み象眼(ほりこみぞうがん)」などの技法(ぎほう)がありますが、現在(げんざい)行われているのはほとんどが布目象眼です。

布目象眼は地金として使用する鉄の表面に細い切れ目(布目)を入れ、そうして出来た溝(みぞ)に金銀の金属(きんぞく)を打ち込んでいく技法です。

肥後象眼では地金に塗料(とりょう)等を使わず錆色(さびいろ)だけで深い黒色に仕上げることで地金の美しさや、金銀の厚(あつ)み、模様を表現(ひょうげん)しています。

刀が要らなくなった現在では、十数名の象眼士(し)が、それぞれのセンスで装飾(そうしょく)品やインテリア、芸術(げいじゅつ)品に形を変えて、伝統(でんとう)を引き継(つ)いでいます。

刀鐔(かたなつば)とは、刀の刃と柄(え)の間につけ、手を守るためのものです。
武士はこのデザインにこだわる事もありました。

 

【参考にしよう】

熊本県伝統工芸館(くまもとけんでんとうこうげいかん)
http://kumamoto-kougeikan.jp/archives/metal/higozougan/

熊本県観光振興課(くまもとけんかんこうしんこうか)
https://kumamoto.guide/look/terakoya/121.html